ジュエリーKANDA | ジュエリーKANDAの公式サイト。

Voice

今は、今やれることをやるしかない。周りの人に協力して頂いて続けられています。

須磨店 店長地道 恭子Kyoko Jimichi(2013年産休・育休/2015年復帰)

入社から産休・育休から復帰までの略歴を教えて下さい

入社して6年目で店長として須磨店を任され、その後、課長となり兵庫エリアを担当しました。2013年に産休・育休を取得。2015年4月に復帰し、現在は子どもを保育園に預けながら、時短勤務を利用し、須磨店の店長として正社員で働いています。

産休・育休を取得するときの周りの反応はどうでしたか?

妊娠が分かった時からいろいろな面で配慮して頂き、協力してもらいました。お店のスタッフには子育ての先輩もいましたので、いろいろと教えてもらい心強かったです。

実際に、復帰するとなると緊張や不安はありませんでしたか?

もちろんありました。復帰するまでに友達から聞いたり、ネットで調べてみたり、いろいろとシミュレーションし、会社やスタッフに迷惑をかけないよう考えました。

復帰後、周りからのフォローはありますか?

急に熱を出した時はシフトを変わってもらったり、実家に見てもらったりしています。日曜日は主人に見てもらうこともあります。周りの人に協力して頂いて続けられています。以前のように自由がきかないので仕事面でくやしい思いをすることもありますが、今は、今やれることをやるしかないと思っています。

子育て前と後で何か変化はありましたか?

仕事とプライベートがはっきりと区別できるようになりました。お客様と話をする時も、子どもの事、料理の事などいろいろ話題も増えました。

KANDAの雰囲気は?

「周囲の方の協力ももちろん必要ですが、子どもにとっても小さいころからいろいろな人と関われるメリットもありますし、親にとっても子育てに集中しすぎず、社会とも関われるのでバランスの良い生活ができると思います。やれば出来ます! 」

Voice社員達の声

近藤 純矢
(2013年入社)

尾﨑 万慶
(2012年入社)

志水 朱美
(2006年入社)

地道 恭子
(2013年産休・育休/2015年復帰)

(2012年入社)

梶並 敬典
(2012年中途入社)

RECRUIT